2022年9月17日土曜日

笑顔輝くクローバーデイ

9月17日は、クローバーディ(文化祭)でした。
 クローバーディでは、パンフレットにて

 「東雲lady」は、品性と知性を愛し、それに磨きをかけようとします。その「才色兼備」のladyたちが掲げた今年のテーマが、「三色兼備 ~私たちの「美」~」です。「美」に理屈は必要なく、感性でもって人が美しいと感じたら、それが「美」であると言われています。
 御来場の皆様、生徒の皆さん、今日は、いろいろな「美」を御堪能ください。ステージ発表や展示作品にちりばめられた「美」。丹精込めて作られた、パンやスイーツ、ランチや弁当からあふれ出てくる「美味」。準備の過程でみんなが力を合わせたことで生まれた絆の「美」。PTAの方々からいただいた様々な御協力は、生徒の皆さんへの愛情いっぱいの「ご褒美」。
「美」に彩られた今日の素敵な一日が、皆様にとりまして、「美しい」生き方の栄養となることを心から願っています。

と、ごあいさつさせていただきました。

 午前中は、ステージ発表が行われ、午後からは作品展示や「お化け屋敷」などの催し物、バザー等が行われました。3年ぶりに、250名を超える保護者の皆様に御来場いただき、多彩な内容の、充実した一日となりました。
 美しく飾り付けられた校舎で、随所に、笑顔が輝きましたことを感謝申し上げます。

2022年9月9日金曜日

青春躍動の体育祭

 9月9日(金)に、体育祭が行われました。
 体育祭では、

 「今年の夏も高温注意報が発令されるなど、猛暑が続く中、本校生徒は、パネルの製作や応援練習に励み、演技に磨きをかけて、9月9日の体育祭を目指してきました。
 新型コロナウイルスは、依然として猛威を振るい、人々の行く手をはばもうとしますが、私たちは、感染対策を十分に行い、青春の一大イベントである、体育祭を成功させたいと考えています。
 「東雲lady」たちの熱き想いと、見事な演技、団結力は、必ずや御観覧の皆様の心に響き、感動を呼び起こしてくれるものと確信しています。距離を取りながらも、生徒も教職員も、そして保護者の皆様も、心を合わせて、さわやかな「東雲」の風を吹かせましょう。」

と、開会のごあいさつをさせていただきました。
 
 終日、熱い戦いや見事な演技が繰り広げられ、思い出に残る様々なシーンが誕生しました。品位を保ち、美しく踊った「東雲音頭」や、気力・体力を発揮した「大綱取り」、グループの結束を力強く示した「応援合戦」など、枚挙にいとまがありません。
 また、団を越えてそれぞれの演技を心から応援する「東雲lady」たちの優しさや、中学1年生を気遣って準備に励む高校3年生たちの思いやりなど、心に「愛」を育んだ、本当に素晴らしい体育祭となりました。
 熱中症にかかる人もなく、コロナウイルスを遠ざけて、3年ぶりに、300名を超える保護者の皆様に御観覧いただけましたことを感謝申し上げます。

2022年9月2日金曜日

長月となりて

 2学期がスタートして、1週間が経過しました。スロースタートをお願いしましたが、皆さんは自分のリズムを取り戻すことができましたか。
 月も改まって、早くも9月です。9月は、別名「長月」と呼ばれます。旧暦の9月ですから、今で言えば10月から11月上旬のこと、秋が深まり、夜の長さがとりわけ意識される頃になることから、「長月」と呼ばれるようになったと言われています。
 まだ、まだ暑い日が続き、体育祭の練習に励む皆さんは、熱中症対策とコロナ感染予防対策の両方をしながらなので、たいへんだと思いますが、青春の思い出に残る体育祭にしていただけたらと願っています。
 今日は、中学生の皆さんは総合的な時間がありました。おいしく点てていただいたお茶と、想いをこめて活けていただいたお花が校長室まで届きました。お茶のお菓子は、秋にちなんだ「桔梗」、お花は「芒」と「女郎花」「竜胆」「ソネット」が見事に均衡を保ち、彩が豊かです。

 週末は、台風の影響で雨が降るかもしれませんが、雨の日は 雨を楽しみましょう。少し涼しくなることを期待して。

2022年8月26日金曜日

2学期始業礼拝にて

 中学生の皆さん、高校生の皆さん、おはようございます。
 今日から、2学期が始まります。夏休みは、いかがでしたか。休みどころではなかったという人もいれば、ゆっくりできたという方もいることでしょう。
 この夏休みには、文化部、運動部の様々な大会や、四国にインターハイをお迎えする高校生活動委員会などの取り組みで、皆さんに大きな成果を残していただきました。この後、表彰がありますので、全校生徒の皆さんで、喜びを分かち合っていただけたらと思います。一言でいうと「東雲lady が輝いた夏」でした。
 また、夏休みには2回のオープンスクールがありましたが、お越しいただいた小学生や中学生、保護者の皆様から、「東雲生は礼儀正しく、あいさつがきちんとできている。部活動見学などでの説明も丁寧で、優しく接していただいた。みんなの仲の良さを感じた。」などとお褒めの言葉をいただきました。皆さんのすばらしさを認めていただいて、私もうれしく思いました。
 さて、今日から、また学校のリズムに体を慣らして、体育祭やクローバーディなど行事の多い2学期を過ごしていくことになります。無理をしないで、少しずつ、少しずつペースをつかんでいきましょう。
 最後に、皆さんに、お願いが一つあります。クラスに一人ぼっちの子がいないように、みんなで声かけをしてください。運動会の練習や準備の時に、みんなで声をかけ合って、一人ぼっちの子がいない、みんなが笑えるクラスにしてください。例えば、今、3人の仲間がいたら、積極的に声をかけ、4人目の人を迎え入れてください。仲間の輪を広げていっていただきたいと思います。
 「心に愛を」をお願いして、2学期始業礼拝の式辞とします。

2022年7月20日水曜日

終業礼拝にて

 今学期になって、4月のスタートから、約3か月半が経ちました。
 新しい学校やクラスという、これまでとは違った環境の中で、授業を受けたり、新たな人間関係を作ったりするということは、エネルギーがたくさんいることで、気骨が折れることです。
 そういった日々を重ねて、今日一学期の終業礼拝を迎える皆さんは、よく努力をしました。我慢もしたでしょうし、苦しいことにも耐えたでしょうし、勇気もふりしぼったと思います。
 皆さんの学校生活の様子を見ていると、この一学期、掃除やあいさつなど、心を磨く行いに、よく頑張っていただきました。とりわけ、中学生の皆さんのあいさつは、県下の他の学校のお手本となる、すばらしいものでした。
 今日は、学年ごとにお礼を述べて、あいさつにしたいと思います。
 中学1年生は、新しい学校になれるために努力をし、総合的な学習の時間では、お茶を点てて、校長室まで運んでいただきました。心のこもったお茶をおいしくいただきました。ありがとうございました。
 中学2年生は、お花をきれいに活けて、説明も丁寧にしていただきました。一学期中、校長室に花が絶えることがなく、来校者の皆様の心を和ませていただきました。ありがとうございました。
 中学3年生は、お琴を美しく奏で、その音色が校庭をわたって校長室まで届き、心に潤いと落ち着きをもたらしていただきました。ありがとうございました。
 高校1年生は、制服を美しく着こなし、ちょっとしたつまずきがあっても、それを乗り越え、学校に登校して、楽しく過ごすということを頑張っていただきました。ありがとうございました。
 高校2年生は、修学旅行で一人の感染者も出さず、みんな元気で松山に帰ることができました。愛媛県のモデルとなるような修学旅行を実現していただき、県下に誇るべきその態度は、実にすばらしいものです。ありがとうございました。
 高校3年生は、部活動において中心となり、バレーボールやアーチェリー、サッカー、バドンミントン、ダンスと大きな成果を上げていただきました。また文化部も日頃の練習に励み、これからの大会等に向けて万全の準備をしていただいています。学校全体を引っ張っていく活動も生徒会を中心によく頑張っていただきました。ありがとうございました。
 いよいよ明日から夏休みです。普段よりも時間がたくさんあります。時間を有効に使って、12歳の夏、13、14、15、16、17、18歳、それぞれの夏は、二度と来ないので、輝く夏にしてください。

2022年7月15日金曜日

1学期の終わりを前に

 今週は、雨が何度か降り、ダムの水位も少し上昇して、水不足の心配を遠ざけてくれるかもしれないと、期待が持てる週となりました。一方、新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、本県では、一日当たりの感染者数が千人を超え、過去最高となってしまいました。

 「三密」を避け、マスクを着用し、「黙食」を徹底する。少しでも体調が悪かったら、念のため外出をしない。このような基本的な対策を講じていくことが求められており、本校では、生徒の皆さんと保護者の皆様の御協力によって、今のところ、校内の通常の教育活動での感染は、発生しておりません。御協力に感謝申し上げます。

 今週1週間は、三者懇談となっていました。スポンサーの先生から、勉強や部活動など、日ごろの学校での様子についてお話があったのではないかと思います。4月以降、約3か月、新しいクラスで皆さんは、よく頑張りました。新しい人間関係の中で、授業を受けたり、友達関係を作ったりすることは、本当に気骨の折れることです。大きなエネルギーを必要とすることです。何はともあれ、頑張った自分をほめてやりましょう。

 明日の土曜日は、補習があり、日曜日は、サンデースクールが開講されます。月曜日は海の日です。部活動もあるでしょうが、どうか、皆さんが、週末に、少しでも、リフレッシュできますように。

2022年7月8日金曜日

猛暑は続く

 台風4号が接近したものの、松山では、恵みの雨が少なく、水不足が心配されています。また、全国的に新型コロナウイルス感染症の拡大傾向が見られ、改めて、日常生活の中で、自分でできる基本的な対策の徹底が求められています。

 今週は、雨や曇りの日が比較的多くありましたが、気温は依然として高く、今後も、猛暑の日が続くと予想されます。電力不足も都市圏だけでなく、地方にも及ぶことが予想されますので、節電を上手にしながら、冷房を適切に使用して、熱中症の予防に努めていきましょう。

 金曜日は、いつものように、中学生がお花を活け、お茶を点ててくださいました。赤い「バラ」と黄色の「姫ひまわり」と、「アルストロメリア」「レザーファン」の色の取り合わせが、黄色の花瓶の中で賑やかな雰囲気を醸し出しています。お茶のお菓子は、「七夕」にちなんだものでした。一色先生もお越しくださり、うれしいひと時となりました。


 土曜日は、補習があり、日曜日は、サンデースクールが開講されます。各部の皆さん、大会が近い部もありますが、体調に気をつけながら、さらなる高みを目指してください。
 どうか、皆さんが、週末に、少しでも、ほっとできる時間を見つけることができますように。